相手を満足させる方法


お店などでセックスをする時、面倒になるのが相手とのコミュニケーションではないでしょうか。一人で性欲を満たす分には自分だけで楽しめますが、セックスは誰かとするものなので、人と接するということはコミュニケーションをしないといけません。もちろん人と接するのが好きな人からすれば、そんな楽しいことはないかもしれませんが、人と接するのが嫌いな人からすれば面倒かもしれません。

また、どんな人でもその日の気分によってあまり人と接したくないという日もあるのではないでしょうか。テレフォンセックスの場合、相手と上手く会話が出来ないと、セックスまで発展しないかもしれません。また、怒っている状態で声だけだとなおさら気持ちが入らないため、全然楽しくないセックスになる可能性もあります。

では、どうすれば人と接するのが苦手な人でも、相手を満足させるテレフォンセックスが出来るのでしょうか?時と場合によって変わりますが、まず相手が自分と違うテンションだった場合、相手のテンションに合わせることがポイントです。それは、無理やり相手に合わせるというより、相手の気持ちに意識を向けるということです。

というのも、初対面だと急に早口になる人もいれば、テンションが下がる人もいます。緊張して笑って合わせることしか出来ない人もいれば、イライラしてしまう人もいます。このテンションに表面的に合わせると、確かに効果的なことはありますが、それより相手がなぜそうなっているのかという気持ちを理解すれば、そのままの自分で相手と上手くコミュニケーションが取れるでしょう。

相手が緊張しているのであれば、安心出来るような話し方をする、相手がイライラしているのであればちょっと怖がっているんだなと思い、もっと優しい話し方、思いやりのある話し方をするといった合わせ方があります。もう1つは、声のトーン、テンポを相手に合わせるということです。

気持ちを理解する深いところも大切で、さらに相手の声のテンポとトーンを合わせると、相手はより親密感を持ってくれるでしょう。人は、自分と似ていると感じる人に親近感を持つという心理があるので、それを言葉で合わせることも出来るからです。例えば、自分はゆったり話すタイプなのに、周りは早口で何を話しているか分からない、ついていけないペースの人ばかりだとちょっと合わない感じがするかもしれません。

表面的ですが、言葉を合わせるというのも効果的です。そして、セックスを楽しみたいというお互いの気持ちが一番大切になってくるでしょう。どちらもセックスを楽しみたいのであれば、ちょっと言葉のテンポが違っても気にならないくらい、お互いに自分と同じだと親近感を持ちながらセックスを楽しめると思います。