スイートコールのバナー

幅広い年齢層が利用しているツーショットサイト!特に人妻・熟女に絶大な人気を誇ります☆
年上女性好きにはたまらない、オススメサイト!熟女のオナニーは興奮必至ですよ♪

詳しくはこちら
ハニーラインのバナー

口コミで人気爆発中の注目サイト!女性の質が良く、テレフォンセックスが盛り上がる事間違いなし!
ラッキーナンバーを入力して、無料ポイントをゲットしよう♪

詳しくはこちら
MAXのバナー

近所の相手と繋がる、地域密着型サイトがコチラ!近所で繋がるので、リアルな出会いに発展しやすい♪
もちろん無料ポイントも完備していますので、初心者の方も安心して遊べます☆

詳しくはこちら

ツーショットダイヤルは、テレフォンセックスに活用!


テレクラのほとんどが無店舗型になって久しいですね。かつて隆盛を極めたテレフォンクラブは、今は「ツーショットダイヤル」と名前を変えて、営業を続けています。もっとも、それはテレクラの延長にあるというだけで、中身はまったくの別物なんですけれどね。

ツーショットダイヤルの使い方は簡単です。番号が地域別に分かれていますので、自分の住んでいる地域の番号にかけてください。するとまずは「センター」というところに繋がって、登録が開始されます。あとは向こうの人の指示に従っていれば、難なく始められるでしょう。料金は1分100円前後のところが多いようです。チャンネルによっては、初めの数十分間は無料といったキャンペーンを行っていることもあります。

さて、問題はツーショットダイヤルが出会えるのかということですが、この点には疑問を呈さざるを得ません。なぜなら、ツーショットダイヤルの仕組みそれ自体が、サクラを雇わなければ成り立たないものであるからです。

今では、出会いを探すといえば出会い系サイトを使う時代です。それは何故かといえば、場所も取らないし、時間も食わないし、それになんといってもツーショットダイヤルなどより料金が格段に安いからです。ツーショットダイヤルはその日のうちにデートするといった形の出会いに向いてはいますが、そもそも出会いを探すのなら出会い系サイトを使うので、そんなに人は出入りしません。料金は高く、油断しているとあっという間に数千円くらい取られますし、声を出さなければならないので、場所を気にしないというわけにはいきません。

加えて、たとえばある男性が一時間、デートの相手を探したとしましょう。もともと利用人口の少ない中で、それもその一時間のうちに「男とデートしたい」と思った女性が現れなければならないのです。しかも向こうの好みもありますし、目的が異なっていたり、声の感じが好みじゃなかったりして、会うには至らないケースのほうが多いのです。そうすると、その一時間にかかった6000円はすべて無駄になります。たったの一時間、それも相当に確率の低い出会いを探し求めて、なんと6000円以上するというのです。

この不合理性は男性らはみんなわかっていますから、ツーショットダイヤルを利用するような真似はしません。もし使うのであれば、別の目的のために使います。

なぜサクラを使わねばならない?

ツーショットダイヤルが、出会えないことはもうわかりましたね。仕組みと料金からして現実的ではないのです。そうすると、ツーショットダイヤルを出会いのために使う人は、ほぼゼロになります。それでも彼らが営業を続けていけるのは、そこでなされる「テレフォンセックス」に根強い人気があるからです。

テレフォンセックスとは、声でするエッチのことです。アダルトビデオっぽく言えば、「相互オナニー」といったところでしょうか。とにもかくにも、電話で相手の喘ぎ声を聞き、あるいは聞かせ、互いに性的興奮を高めてオーガズムに達しようというプレイです。ツーショットダイヤルには、これ目的で利用する男性がたくさんいるので、かろうじてやっていけるんですね。

しかしそこでの問題は、女性の供給をいかにして確保するかということです。出会い系サイトでも、男女の登録比率は絶対に男性のほうが上ですよね。ただでさえ、女性はそういったものを使わない傾向にあるのに、ほとんどアダルトチャンネルと言ってもいいくらいのツーショットダイヤルを、使おうと考える女性がどれだけいるでしょうか。そして男性に求められればテレフォンセックスをしようと考えている女性が、果たしてその中にどのくらいいるのでしょうか?

答えは明々白々としています。素人の女性のみでは、男性の需要を賄いきれません。たとえばの話、男性10人に対し、女性1人の割合では、残る9人はツーショットダイヤルを使う意味がないですよね。そうすると当然のことながら、彼らはそのチャンネルから離れてしまいますが、それを食い留めるのがサクラの仕事です。残る9人と、オペレーターがテレフォンセックスをすることによって、供給と利益を確保しているんですね。

ツーショットダイヤルとは、相手がサクラであることを前提にテレフォンセックスを楽しむ場所であるのです。それじゃあ使う意味がないと思われるかもしれませんが、実際、素人の女の子とテレフォンセックスするに至っても、途中で切られてしまったりする心配がありますよね。機嫌を損ねるようなことを言ってしまったり、気持ち悪いと思われたりすれば、向こうはその男性から得るものは何もないですから、容赦なく電話を切るでしょう。

しかし相手がオペレーターなら、そういう心配もなく、最後までテレフォンセックスを楽しむことができます。どのみち電話の相手は女性なんですし、そうと割り切れば、ツーショットダイヤルは結構良いサービスといえるのではないでしょうか。アダルトライブチャットにしたって、そこでオナニーを見せてくれる女の子は、ライブチャットサイトに雇われた一応のプロであるわけですし。何も素人相手じゃないとまったく興奮しないということはないでしょう。

テレセの魅力

テレフォンセックスの魅力は、喘ぎ声が間近に聞こえること、そして何よりも台詞のリクエストができることです。アダルトビデオにも、淫語というジャンルがありますよね。女優さんがひたすら卑猥な言葉を繰り返しながら、前戯や本番行為に及ぶといった内容です。言葉が一ジャンルとして存在するように、声でするエッチ、テレフォンセックスも、セックスのひとつとして認められてもいいような気がします。

さて、どんな男性にも、言われるとゾクゾクするような台詞はあるでしょう。たとえば「中に出して」だったり「お兄ちゃん」だったり「ご主人様」だったり。そういう、声のみであるからこそ、恥ずかしさを覚えずに言える台詞をたくさん聞けることが、そしてそれを抜きネタにできることが、テレフォンセックスの良いところです。

ツーショットダイヤルにも、ギャルや熟女やSMなど、色々なジャンルがあるので、あなたの性癖に合わせて使ってみてください。オペレーターが相手だったとしても、中々興奮できるはずですよ。